忍者ブログ
☆じぇんとる らいど☆ バイクをいつまでも安全に楽しむために♪ バイクライフを提案する、バイクライフアドバイザーのブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/12/16 (土) 22:02】 |
トラックバック() | コメント()

無題
modena
ビックリ!!
実は先日「・・・」ってことが合って、同じこと思ってました!!

口でいくら「感謝してます」なんて言っても、「自分にも何かマイナス部分があるのではないのか?」って省みる気持ちがない人に感謝って気持ちは出てこないのかもしれません。

結局、裸の大様になっちゃうんですよね。

気をつけよ~うっと!!

素敵なBLOGありがとうございました(^-^)


無題
ブルーのスプリンター
BBさん、こんにちは!お久しぶりですね。
Blogは毎日チェックしていますよ(笑)!
体調管理大変だと思いますが、焦ってはいけません。
山があるから谷がある。ゆっくり進みましょう!

感謝の気持や心配りは大切だと常々思っています。
どんな人間でも一人では生きていけません。
心の繋がりは大切です。それも直接顔を見て話す事が重要です。
最近はメールで会話が成り立ちますが、心が見えないので
あまり好きではありません。


無題
はら坊
教える教えないは、自分はその次元にいけるような人間ではないので割愛させて頂きますが、最近同じような内容で記事を書いたばかりです。

「心と心がぶつかってなんぼ」

「表向きだけの付き合いが多すぎてうんざり。

書き始めるときりがないので、あとは行間を読んでみたいな。。


失礼しました。


コメントを閉じる▲
ここに来て、僕のつたないブログを読んで頂ける事。

心から感謝申し上げます。


今までどれほど、力を貰ったでしょう。

今までどれほど、勇気を頂いたでしょう。

お叱りも頂戴しました。

拍手[0回]

どれここれも本当に感謝しております。



感謝する。



難しいのでしょうか?

言葉を読み解けば「感じで謝る」。


こんなにたくさんの人が見てくれて、声を掛けてくれる。
本当にうれしいです。

そう感じるから、謝る言葉、感謝の言葉を書きます。

「ありがとうございます」



たったこれだけの事が感じれないのかと思う時が最近、多々ある。

でも、心のヒダヒダを繊細にして感じ取れる様にしていないと、「感じる」事は出来ないのだろう。


想像も出来ない。



まして、”謝る”方法も知らない。

間違ったと思えば謝るのが、人間。

それが出来ないのが・・・人。


謝るというのは、文字をひも解けば・・・・「言葉を射る」

人の心を射抜かなければ、自分の謝る気持は通じない。


誰かに言われてとか・・・

とにかく謝っておけば・・・とか・・・

そんな気持ちじゃ絶対に伝わる訳は無い。




本心で無ければ謝る必要はないし・・・そんなもん・・・いらないし・・・

返って不快になるだけだし・・・



全くもって勘違いしている。



人が人として、人の間で生きているという事。

それは、対峙する人をちゃんと認める事。


出なければ関係は築けない。

それが出来ない人間は、その先は無い。



感じて謝る。

人の心を射る。


人の心を見つめる事が出来なければ、人に物を教えるなんて不可能な話。


人間関係も、バイクも、人の心が動かしている。

ならば心が見えなければ・・・・伝わらない。




いつもブログを見て頂いている皆さんに心より感謝申し上げます。
PR


追記を閉じる▲
どれここれも本当に感謝しております。



感謝する。



難しいのでしょうか?

言葉を読み解けば「感じで謝る」。


こんなにたくさんの人が見てくれて、声を掛けてくれる。
本当にうれしいです。

そう感じるから、謝る言葉、感謝の言葉を書きます。

「ありがとうございます」



たったこれだけの事が感じれないのかと思う時が最近、多々ある。

でも、心のヒダヒダを繊細にして感じ取れる様にしていないと、「感じる」事は出来ないのだろう。


想像も出来ない。



まして、”謝る”方法も知らない。

間違ったと思えば謝るのが、人間。

それが出来ないのが・・・人。


謝るというのは、文字をひも解けば・・・・「言葉を射る」

人の心を射抜かなければ、自分の謝る気持は通じない。


誰かに言われてとか・・・

とにかく謝っておけば・・・とか・・・

そんな気持ちじゃ絶対に伝わる訳は無い。




本心で無ければ謝る必要はないし・・・そんなもん・・・いらないし・・・

返って不快になるだけだし・・・



全くもって勘違いしている。



人が人として、人の間で生きているという事。

それは、対峙する人をちゃんと認める事。


出なければ関係は築けない。

それが出来ない人間は、その先は無い。



感じて謝る。

人の心を射る。


人の心を見つめる事が出来なければ、人に物を教えるなんて不可能な話。


人間関係も、バイクも、人の心が動かしている。

ならば心が見えなければ・・・・伝わらない。




いつもブログを見て頂いている皆さんに心より感謝申し上げます。
PR

【2009/03/17 (火) 12:53】 | ひとり言
トラックバック(0) | コメント(3)

無題
modena
ビックリ!!
実は先日「・・・」ってことが合って、同じこと思ってました!!

口でいくら「感謝してます」なんて言っても、「自分にも何かマイナス部分があるのではないのか?」って省みる気持ちがない人に感謝って気持ちは出てこないのかもしれません。

結局、裸の大様になっちゃうんですよね。

気をつけよ~うっと!!

素敵なBLOGありがとうございました(^-^)


無題
ブルーのスプリンター
BBさん、こんにちは!お久しぶりですね。
Blogは毎日チェックしていますよ(笑)!
体調管理大変だと思いますが、焦ってはいけません。
山があるから谷がある。ゆっくり進みましょう!

感謝の気持や心配りは大切だと常々思っています。
どんな人間でも一人では生きていけません。
心の繋がりは大切です。それも直接顔を見て話す事が重要です。
最近はメールで会話が成り立ちますが、心が見えないので
あまり好きではありません。


無題
はら坊
教える教えないは、自分はその次元にいけるような人間ではないので割愛させて頂きますが、最近同じような内容で記事を書いたばかりです。

「心と心がぶつかってなんぼ」

「表向きだけの付き合いが多すぎてうんざり。

書き始めるときりがないので、あとは行間を読んでみたいな。。


失礼しました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
ビックリ!!
実は先日「・・・」ってことが合って、同じこと思ってました!!

口でいくら「感謝してます」なんて言っても、「自分にも何かマイナス部分があるのではないのか?」って省みる気持ちがない人に感謝って気持ちは出てこないのかもしれません。

結局、裸の大様になっちゃうんですよね。

気をつけよ~うっと!!

素敵なBLOGありがとうございました(^-^)
2009/03/17(火) 13:54 |   | modena #9872548646[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
いやぁ~~modenaさんとは・・・いろいろ通じ合っているのかなぁ~

modenaさんにも心から感謝です♪
2009/03/17(火) 15:00 | BB!

無題
BBさん、こんにちは!お久しぶりですね。
Blogは毎日チェックしていますよ(笑)!
体調管理大変だと思いますが、焦ってはいけません。
山があるから谷がある。ゆっくり進みましょう!

感謝の気持や心配りは大切だと常々思っています。
どんな人間でも一人では生きていけません。
心の繋がりは大切です。それも直接顔を見て話す事が重要です。
最近はメールで会話が成り立ちますが、心が見えないので
あまり好きではありません。
2009/03/17(火) 22:50 |   | ブルーのスプリンター #985dc23be0[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
あらぁ~~お久しぶりです!!

お元気でしたかぁ~~・・・

って、ありがとう御座います。。。

本当にうれしいです。


そうですねぇ~

会って話すことも重要ですが・・会っても心通じない方がいらっしゃって困っちゃいますね・・・(笑

またどこかへ走りに行きたいですねぇ~♪
2009/03/17(火) 22:58 | BB!

無題
教える教えないは、自分はその次元にいけるような人間ではないので割愛させて頂きますが、最近同じような内容で記事を書いたばかりです。

「心と心がぶつかってなんぼ」

「表向きだけの付き合いが多すぎてうんざり。

書き始めるときりがないので、あとは行間を読んでみたいな。。


失礼しました。
2009/03/18(水) 19:28 |   | はら坊 #9900a96aed[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
そうですね。

ここ最近本当に人生は、人と言う財産をどれだけ持てるかだと感じます。

結局心のつながりです。

それを意識できない人は・・・消えるだけなんだと思います。

はら坊さんと出会った事に感謝です。
2009/03/19(木) 11:30 | BB!

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック