忍者ブログ
☆じぇんとる らいど☆ バイクをいつまでも安全に楽しむために♪ バイクライフを提案する、バイクライフアドバイザーのブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/12/16 (土) 21:50】 |
トラックバック() | コメント()

猫バス?
もっち~@瀬田
その「猫バス」・・・・体験したかったです。

4輪のラリーの場合、速いドライバーと組んでいるコ・ドライバー(ナビ)は体と目がそのスピードについていっているので、ドライバーとしても速いそうです。

より高い次元でのバランスを経験(疑似体験か?)することにより、
安全にステップアップする可能性がたかまりますよね。

秋にはぜひとも、「猫バス」体験をお願いします。
(今からワクワク・・・楽しみです)


無題
ナリタニ
以前その「トトロバス」乗せて頂きましたが、
小柄な私としては、「ぬり壁」の様なBBさんが前では、
全然前が見え無くて怖かったです。

嘘です。(笑)

それまで、後ろに乗せることも、乗ることも無かったので
追尾して真似るという事でしか、覚える?真似る?事が
出来なかったのでアナウンス付の「象バス」は、大変為になりました。

贅沢を言うとアナウンスの声「日テレの西尾アナ」だともっと良かったのですが。

いつの間にか象バスになっている・・・w


コメントを閉じる▲
さて、午後のトレーニングは、ブレーキ練習の総仕上げ。

リヤブレーキに、フロントブレーキを加える。


ブレーキ練習????・・・けけけ!と笑うなかれ。


これがなかなか一筋縄では行かない。

とは言え、まずは此処まで来れば一段落。

もちろんOKな訳ではない。


拍手[0回]

次はクラッチワーク。

クラッチワークの真実をレクチャーに入れ、お手本をお見せする。

完全コントロール状態を作り出す。

アイドリング、フルステア、垂直、時速1km/h以下の極低速、&スチル(着座状態)。

完全直進。

軽くスタンディングテールスライドダンス。


それぐらいをお見せしてその後実技に入る。

トレーニングとして有効な方法をレッスンする。

つまりストップ&ゴーである。
もちろん、アイドリングスタート。

それを・・・片道・・・・250m。
往復。

行きは良い良い帰りは怖い。往路は下り坂・・袋は上り坂・・・(爆


皆さん、左腕左手・・・死亡・・状態・・・(笑


そして、それからオープンスペースへ移動する。

まずはバイクをお借りして、コースの下見。

CBR600RRをお借りする。

初体験。


車体の軽さと、素直さ、しかしパワーバンドに突入すると牙を剥く。

楽しいバイクだ。

ある意味1000などよりも凶暴であり、恐怖を感じる部分もある。

それで、一往復。

コース自体は舗装も良く、クネクネと楽しいコースである。

しかし、決して条件として良いわけではない。



さてここでは、RSJの名物トレを行う。

そう、「猫バストレーニング」

これは、RS創設時から行われている、タンデム形式のレッスン。

まずは、バイクの挙動を感じ取ってもらう。

こんなにスムーズに走ることが出来るんだ!!と言う感覚を自ら体験して頂く。

デリカシーをもった全ての操作が高次元で融合するとどうなるか?

また、それが出来ていないとどうなるか?

身をもって体験してもらう。


上手い具合に今回のコースは、往路上り、復路下りに別れている。

上りはスムーズな「じぇんとるらいど」を体感。
加えて、ラフな「テリブルライド」に恐怖して頂く。

下りは、タンデムなのでタイタニックは不可能だが、異次元滑空を行い、バイクの新しい楽しみを感じて頂く。

何も、眼を逆三に釣り上げてコーナーを攻めるばかりが、ライディングを極める事ではないよ♪

とばかりに、楽しんで頂く。


ここでは詳しくは書けないが、新しい感覚でバイクの楽しさを体感出来ると思う。

そんな『猫バス』を全員に体感して貰い、自習のランニングタイムとする。


実はこのコース、走り屋のメッカらしく、いるいる・・・・(笑

猫バスを見ながら訝しげな眼で見ている・・・(笑


まぁそんなところで結構パンパンにレクチャーした。
走った。

かなりのハイテンションであった。

これは、RAS全盛期におけるテンションに近かったかもしれない。


今の僕には・・・かなりヘトヘト~~って感じです。


でも、僕は楽しかったですね。

参加された皆さんも楽しんで頂けたようだ。

レッスンは楽しみながらネッ♪


帰りは、近くの道の駅にて、厠&水分補給TIME!

F1000164.JPG
PR


追記を閉じる▲
次はクラッチワーク。

クラッチワークの真実をレクチャーに入れ、お手本をお見せする。

完全コントロール状態を作り出す。

アイドリング、フルステア、垂直、時速1km/h以下の極低速、&スチル(着座状態)。

完全直進。

軽くスタンディングテールスライドダンス。


それぐらいをお見せしてその後実技に入る。

トレーニングとして有効な方法をレッスンする。

つまりストップ&ゴーである。
もちろん、アイドリングスタート。

それを・・・片道・・・・250m。
往復。

行きは良い良い帰りは怖い。往路は下り坂・・袋は上り坂・・・(爆


皆さん、左腕左手・・・死亡・・状態・・・(笑


そして、それからオープンスペースへ移動する。

まずはバイクをお借りして、コースの下見。

CBR600RRをお借りする。

初体験。


車体の軽さと、素直さ、しかしパワーバンドに突入すると牙を剥く。

楽しいバイクだ。

ある意味1000などよりも凶暴であり、恐怖を感じる部分もある。

それで、一往復。

コース自体は舗装も良く、クネクネと楽しいコースである。

しかし、決して条件として良いわけではない。



さてここでは、RSJの名物トレを行う。

そう、「猫バストレーニング」

これは、RS創設時から行われている、タンデム形式のレッスン。

まずは、バイクの挙動を感じ取ってもらう。

こんなにスムーズに走ることが出来るんだ!!と言う感覚を自ら体験して頂く。

デリカシーをもった全ての操作が高次元で融合するとどうなるか?

また、それが出来ていないとどうなるか?

身をもって体験してもらう。


上手い具合に今回のコースは、往路上り、復路下りに別れている。

上りはスムーズな「じぇんとるらいど」を体感。
加えて、ラフな「テリブルライド」に恐怖して頂く。

下りは、タンデムなのでタイタニックは不可能だが、異次元滑空を行い、バイクの新しい楽しみを感じて頂く。

何も、眼を逆三に釣り上げてコーナーを攻めるばかりが、ライディングを極める事ではないよ♪

とばかりに、楽しんで頂く。


ここでは詳しくは書けないが、新しい感覚でバイクの楽しさを体感出来ると思う。

そんな『猫バス』を全員に体感して貰い、自習のランニングタイムとする。


実はこのコース、走り屋のメッカらしく、いるいる・・・・(笑

猫バスを見ながら訝しげな眼で見ている・・・(笑


まぁそんなところで結構パンパンにレクチャーした。
走った。

かなりのハイテンションであった。

これは、RAS全盛期におけるテンションに近かったかもしれない。


今の僕には・・・かなりヘトヘト~~って感じです。


でも、僕は楽しかったですね。

参加された皆さんも楽しんで頂けたようだ。

レッスンは楽しみながらネッ♪


帰りは、近くの道の駅にて、厠&水分補給TIME!

F1000164.JPG
PR

【2009/06/02 (火) 11:18】 | ひとり言
トラックバック(0) | コメント(2)

猫バス?
もっち~@瀬田
その「猫バス」・・・・体験したかったです。

4輪のラリーの場合、速いドライバーと組んでいるコ・ドライバー(ナビ)は体と目がそのスピードについていっているので、ドライバーとしても速いそうです。

より高い次元でのバランスを経験(疑似体験か?)することにより、
安全にステップアップする可能性がたかまりますよね。

秋にはぜひとも、「猫バス」体験をお願いします。
(今からワクワク・・・楽しみです)


無題
ナリタニ
以前その「トトロバス」乗せて頂きましたが、
小柄な私としては、「ぬり壁」の様なBBさんが前では、
全然前が見え無くて怖かったです。

嘘です。(笑)

それまで、後ろに乗せることも、乗ることも無かったので
追尾して真似るという事でしか、覚える?真似る?事が
出来なかったのでアナウンス付の「象バス」は、大変為になりました。

贅沢を言うとアナウンスの声「日テレの西尾アナ」だともっと良かったのですが。

いつの間にか象バスになっている・・・w


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
猫バス?
その「猫バス」・・・・体験したかったです。

4輪のラリーの場合、速いドライバーと組んでいるコ・ドライバー(ナビ)は体と目がそのスピードについていっているので、ドライバーとしても速いそうです。

より高い次元でのバランスを経験(疑似体験か?)することにより、
安全にステップアップする可能性がたかまりますよね。

秋にはぜひとも、「猫バス」体験をお願いします。
(今からワクワク・・・楽しみです)
2009/06/05(金) 21:47 |   | もっち~@瀬田 #29f2e1f0a9[編集]
[管理者用 返信]
Re:猫バス?
いらっしゃいませ!!

うんうん、残念でしたが次回は必ず!!

そうですね。

自分がどんな走りをしたいか?
明確なイメージを創る為に始めた事です。

その理想を創る為の一歩目と、具体的にどうすれば良いか?は二歩目以降のレッスンとなっていきます♪

秋を楽しみにしております♪
よろしくお願い申し上げます。
2009/06/06(土) 06:28 | BB!

無題
以前その「トトロバス」乗せて頂きましたが、
小柄な私としては、「ぬり壁」の様なBBさんが前では、
全然前が見え無くて怖かったです。

嘘です。(笑)

それまで、後ろに乗せることも、乗ることも無かったので
追尾して真似るという事でしか、覚える?真似る?事が
出来なかったのでアナウンス付の「象バス」は、大変為になりました。

贅沢を言うとアナウンスの声「日テレの西尾アナ」だともっと良かったのですが。

いつの間にか象バスになっている・・・w
2009/06/06(土) 17:59 |   | ナリタニ #99bdb07032[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
ブッ!!

はいはい・・・ヌリ壁だとか・・冷蔵庫だとか・・・(笑

でも、象バスでは乗り心地は悪いでしょ?・・・

なんてな♪
2009/06/06(土) 19:49 | BB!

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック